aromaoil labでは、アロマテラピーに欠かせないアロマオイルについて解説します。

  • HOME
  • アロマオイルについて

アロマオイルについて

アロマオイルとは

アロマオイルという言葉も、雑誌やテレビなどでもよく見聞きするお馴染みの言葉になってきました。
実際に使っていらっしゃる方もたくさんいらっしゃると思いますが、プライベートでは、「アロマオイルって何?」とか「あの店で見たアロマオイルは本物なの?」と、尋ねられることも少なくありません。
アロマオイルで検索すると合成香料や植物油などで薄めたものなども含めてアロマオイルと説明されているものもあります。ということはアロマ×アロマで取り扱っているものはニセモノなんでしょうか?

そうですね!アロマ×アロマでは扱っているものは、正式名では「精油」や「エッセンシャルオイル」と呼ばれているものなので、本来、その言葉を使うべきなのかもしれませんが、多くの皆さんがアロマオイルという単語を、エッセンシャルオイルや精油と同じ意味で使っていらっしゃることから、当店でも同じようにエッセンシャルオイルや精油の俗称として身近で親しみがあるアロマオイルという単語を使わせていただいています。

次に本題です。
アロマオイルとはとてもいい香りのするもので、化学的な言葉でいうと有機化合物といいます。 100%植物から抽出されていますので、本当に自然の優しい香りがします。
アロマオイル(精油・エッセンシャルオイル)とは、植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂から、その植物に合った方法で抽出した芳香物質です。水のようにサラサラしているものから固まっているのではというくらいネバっとしているものまで、種類によって様々です。

また、オイルという言葉が入っていますが、油ではありません。 100%、植物から抽出されているので、「100%ピュア&ナチュラル」とか「天然」という言葉で表現されることもあります。
それぞれの植物の持つ有効成分がとても高濃度に含まれていますので、種類によって香りも様々、成分を科学的に分析すると含有成分も本当に様々です。

そして次のような特性を持っています。
・(芳香性)独特の香りを持っている
・(揮発性)空気中で、蒸発していく
・(親油性)水に溶けにくく、油には溶ける

では、植物はなぜ、それぞれ特有の芳香物質をもっているでしょうか?
植物は動くことができず、種の落ちたその場で一生を終えることに秘密があるようです。 虫や鳥に食べられてしまいそうな時も、カビや有害な菌が発生しそうな時も、暑すぎる時も、寒すぎる時も、根付いたその場所で一生を終えるため、食べられないための苦い香りなど、生き抜くための成分を持ち合わせています。

そんな過酷な環境で育つ植物がら蒸留して得られるアロマオイルは、とてもたくましく、香りのなかにはそのパワーがぎっしり詰まっているのです。 葉っぱのすっきりした香り、柑橘系の甘い香り、木の重厚な香りなど、その時々の状況や気持ちで使い分けると毎日を有意義に過ごせるようになると思います。 アロマオイルのある暮らしで毎日を彩りましょう!