HOME > アロマオイルの選び方

アロマオイルの選び方

アロマオイルとは

アロマオイルという言葉も、雑誌やテレビなどでもよく見聞きするお馴染みの言葉になってきました。 実際に使っていらっしゃる方もたくさんいらっしゃると思いますが、プライベートでは、「アロマオイルって何?」とか「あの店で見たアロマオイルは本物なの?」と、尋ねられることも少なくありません。 アロマオイルで検索すると合成香料や植物油などで薄めたものなども含めてアロマオイルと説明されているものもあります。
そうですね!アロマ×アロマでは扱っているのは、「精油」や「エッセンシャルオイル」と呼ばれているものなので、その言葉を使うべきなのかもしれませんが、ここでは「精油」や「エッセンシャルオイル」のことを身近で親しみのある「アロマオイル」という言葉を使いたいと思います。

ようやく本題です。
アロマオイルはとてもいい香りのする液体です!!
100%植物から抽出されていますので、本当に自然の優しい香りがします。
ほんとうに本題です。
アロマオイル(精油・エッセンシャルオイル)とは、植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂から、その植物に合った方法で抽出した芳香物質です。水のようにサラサラしているものから固まっているのではというくらいネバっとしているものまで、種類によって様々です。
また、オイルという言葉が入っていますが、油ではありません。 100%、植物から抽出されているので、「100%ピュア&ナチュラル」とか「天然」という言葉で表現されることもあります。
それぞれの植物の持つ有効成分がとても高濃度に含まれていますので、種類によって香りも様々、成分を科学的に分析すると含有成分を本当に様々です。
そして次のような特性を持っています。
・(芳香性)独特の香りを持っている
・(揮発性)空気中で、蒸発していく
・(親油性)水に溶けにくく、油には溶ける
では、植物はなぜ、それぞれ特有の芳香物質をもっているでしょうか?
植物が動くことができず、種の落ちたその場で一生を終えることに秘密があるようです。 虫や鳥に食べられてしまいそうな時も、カビや有害な菌が発生しそうな時も、暑すぎる時も、寒すぎる時も、根付いたその場所で一生を終えるため、食べられないための苦い香りなど、生き抜くための成分を持ち合わせています。
いい匂いで、虫や鳥を引き寄せて、受粉してもらったり、種子を遠くに運んでもらいます。 アロマオイルの香りにうっとりする私たちは、花から花を飛ぶ虫のようですね。 そんな風に、葉っぱのすっきりした香り、柑橘系の甘い香り、木の重厚な香りなど、その時々の状況や気持ちで使い分けると毎日を有意義に過ごせるようになると思います。 アロマオイルのある暮らしって本当にいいですよ。

アロマオイルが欲しい!

と思っても、初めてのときって、いきなり何もかもに迷いますよね。
値段もさまざま、100%天然じゃないとダメ!とか、合成香料のものがある!とか情報もさまざま。
ここのにしようかな?と決めたら、今度は種類がいっぱいあるーー。
オレンジスイートやレモンぐらいならこんな匂いかなっ?ぐらいわかるけど、他のものは想像もつかない。
どうしたらいいの?と迷いながら、それでも最初の1本を決めたけど、どうやって使えばいいの? ・・・と手元に届いたけど、うまく使えなくて瓶がごろごろしている方も少なくないのではないでしょうか?

…というのも、最近お友だちのおうちで、まさに。その光景を見たんです。
どうしたらいいかわからず手にしないのも、手元にあるのに使わないのも、どちらももったいないと思うんです。
アロマの香る日常をみんなに送ってほしいと思いますので、自分にあったアロマを上手に選んでもらえるようにアロマの選び方を少し書いてみたいと思います。

選び方1.100%天然のピュア&ナチュラルを選ぶ
アロマオイル、アロマオイル…とさんざんこの言葉を繰り返してしまっていますが、本当は、エッセンシャルオイルか精油と記載があるものを選らんで下さい。 アロマテラピーに使うためには、100%植物から搾った混じりけのないアロマオイルを選ぶ必要があります。一般にアロマオイルと呼ばれるものなかには、100%天然のピュア&ナチュラルなエッセンシャルオイルと、合成香料などで作ったものがあります。

100%天然のピュア&ナチュラルなアロマオイルには、商品の表示部分をよーく見てみるとロマオイルとは書いてないんです。ではなんて書いてあるのでしょうか? きっと(いや…必ず!)エッセンシャルオイルと書いてあります! 日本語で言うと精油です。

日本では、アロマオイルという単語が先行してアロマテラピーが広がり、現在に至っているような気がします。私のまわりでは、アロマオイルという言葉とエッセンシャルオイルという言葉を使う方の比率は4:1くらいのような気がします。 そして、ほとんどの人はアロマオイルと言って、エッセンシャルオイルをイメージしているようです。

さらにややこしいのは、アロマオイルという言葉をエッセンシャルオイルを植物油(この植物油ももちろん100%ナチュラルなものです)に希釈しているものの商品名にしているブランドもあります。この場合は、合成香料ではありませんから、アロマテラピーに使う商品ということになります。
このアロマオイルの定義のようなもののあいまいさが、このアロマオイルは100%天然なのかしらとか、ホンモノなのかしらとかという不安のもとになっているように思います。

さてさて、このややこしい言葉の渦の中で、望んでいるものを安心して購入するにはどうしたらいいか?
アロマテラピーの専門店を見つけるのが最初はいちばん確実かもしれません。 そうです。このサイトはアロマオイル専門店(笑)。 宣伝はさて置き…。

選び方2.アイテム名だけでなく学名を確認する
アロマオイルの専門店をいくつか見つけました。次は、どのメーカー(ブランド)を選べばいいの?です。
アロマの専門店ですから、エッセンシャルオイル(精油)が並んでいます。
ところが、次の悩みポイント登場です。まずは、値段がピンキリ!ラベンダーと名前のついているものでも、300円くらいから4000円くらいまで、さらに高価なものまであったりします。 容量が違うなら当然なので、まずはそこをチェックして下さい。しかし、それでも同じような価格差があったりします。 そこで、同じラベンダーでも何が違うのか? 

●商品名だけでなく学名を確認しましょう。
学名とは、それぞれの生物(植物)に与えられた世界共通の名称で、属名と種小名から構成されています。 例えばアロマオイルで一番有名なラベンダー。みんながリラックスの香りとして知っています。でも、数種類のラベンダーがあります。そして、含有成分に違いがあるため、すべてがリラックスにふさわしいというわけではありません。

そこで目を光らせるべきポイントが学名です。 たとえば、リラックスできる香りの成分を一番たくさん持つラベンダーは、商品名では真正ラベンダー、ラベンダーファイン、ラベンダートゥルー、ラベンダーアングスティフォリアなどとして販売されています。

学名は
Lavandula officinalis またはLavandula angustifolia(どちらも同じで表記が違うだけ)
(属名) (種小名)    (属名) (種小名)

このラベンダーとは種類の違うラベンダーのひとつに、ラベンダースピカというものがあります。
その学名は
Lavandula latifolia またはLavandula spica(どちらも同じで表記が違うだけ)
(属名) (種小名) (属名) (種小名)

このように、同じ植物でも学名が違えば、香りも使い方も違ってきますので、学名で確認することが必要なのです。

●原産国を確認を確認しましょう。
真正ラベンダーは、フランス産とブルガリア産が有名ですが、フランス産のほうがずっと高いです。 …2017年は異常気象でフランスのプロヴァンスでは生育が非常に悪かったようですので、このようなことが起きるとますます高くなってしまうかもしれません。
このように原産国に違いが値段に反映されていることもあります。
ただ、どちらがいいか?は選ぶ方の基準によると思います。
アロマオイルの香りは、自然環境に左右されますので、原産国が違えば香りも少し違います。(もちろん、そういう意味では、収穫の年の天候等にも違いが出るようです。)いくつか試してみると違いを感じることができ、好きな香りが見つかるかもしれません。

●オーガニック(有機)か否か?を確認しましょう。
アロマオイルの品質を決める基準の1つに、オーガニックか?そうでないか?があります。 オーガニックのアロマオイルには、ORGANI C(オーガニック)あるいはBIO(ビオ)と書いてあるか、世界各国のオーガニック認証団体が発行する証明マークが付いています。
オーガニックというのは、数年間、農薬を使わない土壌で育った植物から蒸留したものです。 そしてそうでないものを、オーガニックグレードに対して、コンベンショナルグレードと言います。
オーガニックとコンベンショナル、どちらがいいのか?
それはもちろん農薬を使わずに手間をかけて育てるオーガニックに決まってますよね?
アロマオイルは植物の成分が濃縮されているので、アロマオイルはオーガニックでなければ!という方もいらっしゃいますが、使い方によって選ぶのもひとつです。
例えば、部屋に香らせる程度ならコンベンショナル、マッサージオイルや手作り化粧品の材料にする場合や、子供さんがいらっしゃるご家庭での使用の場合などはオーガニックと使い分けている方もいらっしゃいます。

選び方3.自分に合ったアロマオイルを選ぶ
アロマオイルが欲しいと思ったきっかけは何でしょうか? 部屋にいい香りがあるといいな!アロマオイルでリラックスできるの?風邪が流行る季節にアロマっていいって聞いた! などいろいろだと思います。

●最初の1本は人気のあるものから
アロマオイルの種類はメーカーにより、扱っている数に違いがありますが、40種類くらいから100種類以上あります。 その中には、人気があって毎日何本も売れるものと、一年に1本くらいしか売れないものがあります。 まずは人気のあるアイテムから選べば使いやすいと思います。

人気ベスト10
1位 ラベンダー
2位 オレンジスイート
3位 ティートゥリー
4位 グレープフルーツ
5位 ベルガモット
6位 ゼラニウム
7位 ペパーミント
8位 ユーカリ・ラディアータ
9位 レモン
10位 ローズマリー・シネオール

●好きな香りで選ぶ
香りはダイレクトに感情に働きかけるので、好きなタイプの香りというのも大切です。 鼻はとても慣れやすいので、嗅ぎ比べていると何がなんだかわからなくなってしまうことが多いので、フルーティーな香り、フローラルな香り、甘い香り、すっきりした香り、森の香りなどというグループで選び、好きな1本を見つけていくのがいいと思います。

●使い方で選ぶ
アロマオイルは医薬品ではありませんので、何かに効果があるということはありませんが、オレンジの甘い匂いはゆったりした気持ちになるし、ペパーミントなどのシャープな匂いは頭がすっきりするし、虫が嫌いと言われるものは確かに虫が寄ってこないなど、香りには、私たちの生活に役立つものがたくさんあります。目的を決めて、それにふさわしいアロマオイル選んでゆくこともいいですね。

●2本めからは、ブレンドをすることを考えて
1本のアロマオイルが気に入ると、次から次へといろいろな種類が欲しくなります。アロマテラピーの始まりです。甘い香りを持っているから、次はすっきりした香りをという風に手元のアイテムは広がっていくと思います。 そして、アロマテラピーの楽しみは、それらのアロマオイルをブレンドすることに尽きると言っても過言ではありません。

ブレンドするためにアロマオイルを選ぶときは、香調、強さ、持続性を考慮して選ぶといいでしょう。 どんな香りにしたいか、強い香りのものを作りたいのか、ふんわりした香りのものにしたいのか、それによって選ぶ種類が変わってきますよね。また、それぞれの種類によって香りの立ち方、持続性が違いますから、香りが立ち始めるのも消えてゆくのもの速いものと、ゆっくり香り立ち長続きするものを合わせて選ぶと長い時間楽しめ、香りの変化を楽しむことができます。

そして、出来上がった香りは誰のものでもない自分だけの香りです。 いつも、想像通りの香りができるとは限りませんが、限りないブレンドの調合は終わりのない楽しみを与えてくれます。 どうぞ、自分に合ったブランドや香り、使い方を見つけて、アロマオイルで日々の生活を豊かなもにしていただければと思います。

アロマオイル研究のためのページINDEX
1.アロマテラピーとは?
2.アロマオイルの選び方
3.アロマオイルを使うメリット
4.アロマオイルの使い方
5.おすすめのアロマオイル
6.アロマオイルの相場
7.アロマオイルの人気ブランド
8.安全のための注意点


▲ページのTOP
お買い物ガイド
送料について詳細はこちら
全国一律 500円
5,000円以上ご注文の場合、送料無料!

(沖縄、離島は別途)
代引き手数料:
ご購入金額に関わらず一律200円

お届けについて
ご注文の商品は、全て佐川急便の宅配便にてお届けさせていただきます。 時間指定も出来ます。ご注文いただいから、3〜5日(土日を除く)でお手元に届くように発送させていただきます。

お支払い方法詳細はこちら
・クレジットカード決済
・代金引換
・銀行振込(前払い)
個人情報について
お取引・お問い合わせ等で知りえたお客様の個人情報の全てを第三者に譲渡・利用する事は決してありません。

 
アロマ×アロマ  (エッセンシャルオイル専門店)
〒248-0012 鎌倉市御成町13−36−3
Email:info@aroma-aroma.jp
Copyright(c) 2005-2014 Aroma×Aroma All Rights Reserved.